神奈川県西丹沢・変成鉱物説明板

神奈川県西丹沢・変成鉱物説明板

1.初めに

  草下先生の「鉱物採集フィールドガイド」に、『神奈川県西丹沢のベスブ谷』と題する1章が
 あり、白石沢のベスブ石が紹介されている。
  この地域は、私の住む山梨県と接し、しかも私の姓と同じ”中川”温泉の奥にあるということで
 いつかは訪れて見たいと考えていた。
  玄倉の燐灰石の観察の翌日、名古屋・Sさんと神奈川・Mさんと3人で訪れ、変成鉱物説明板を
 見て、その内容をHPに掲載したところ、その全文が愛読者の”Zeolite(沸石?)氏(?)”から
 HPの掲示板に寄せられましたので、ご紹介いたします。
  また、同氏から、「この説明板は、近々新しくなる」との情報も、いただきました。
(2002年5月観察)

2. 観察場所

  「鉱物採集フィールドガイド」の記述の通り、中川温泉を抜け、「用木沢出合」のゲートの
  手前に駐車する。ここから、舗装された道を白石沢に沿って上流に向かうと舗装も途切れ
  道路右に「スカルン鉱物産地」の由来の標識がある。

    「スカルン鉱物産地」標識拡大

   標識は、文字が所々薄れている上に、3分割され、読み難いこと甚だしいが、デジカメ写真を
   合成してみると、大略次のような内容が書いてある。
   (□は、皆さんで埋めて見てください。)
   私が、判読したのは次の通りです。

   『神奈川県指定天然記念物
    西丹沢の菫青石及□□□及大理石
    昭和50年□月7日指定
    □□□足柄上郡□□□川尻□7の2の内
    所有者 神奈川県□生保□□林
    面積  915,312平方メートル

    丹沢の白石沢、ザレの沢一帯はおもに
    凝灰岩から変わった各種のホルンフェルス
    □□石灰岩起源の大理石がみいだされ、丹
    □□代表的接触変成帯である。□□□□菫
    青石やベスブ石などの珍しい変成鉱物を産す
    □ことで古くから知られている。
    ザレの沢の支流□ー□口沢菫青石を含む
    菫青石岩をみることができる。□石の名で
    しられている。丹沢産の含菫青石岩は
    □□石が直閃石又は黒雲母と共□することで
    極めて特異なものといえよう。大理石は
    □□□は唯一のもので、4つの層準にわたっ
    □5枚認められる。主として方解石の□
    □からなる白色のものと、これに□□石、カ
    ミントン角閃石、普通□石などを混じえた
    □色のものに区別される。ベスブ石は、こ
    □大理石のうち白石の滝付近の白色大理
    石中にスカルン鉱物として産するもので
    □□石、モンチチェリ石その他共産する
    □□的稀な鉱物である上に赤褐色半透明の
    結晶として産出することで保存の価値は□□
    □□のと考えられる。これらの岩石、鉱物
    □□□白石沢、ザレの沢一帯の地域を□□
    □□として指定した。
     昭和51年1月31日
          神奈川県教育委員会

3. 全文紹介

    私のHPの愛読者の”Zeolite(沸石?)氏(?)”が、私の掲示板に掲載された
   内容を転記させていただきます。
    ”Zeolite氏”が神奈川県教育庁教育部に問い合わせて、得られた回答のようです。
   ”青字”は写真にあると見られる記述で、”黒字”は見当たらない記述を示します。

   神奈川県指定天然記念物

   西丹沢の菫青石及ベスブ石及大理石昭和50年2月7日指定
  

   所在地 足柄上郡山北町中川927の2の内
   所有者 神奈川県三保県有林
   面積  915,312平方 メー トル

   丹沢の白石沢、ザレの沢一帯はおもに
   緑色凝灰岩から変わった各種のホルンフェルス
   や石灰岩起源の大理石がみいだされ、丹
   沢の代表的接触変成帯である。その上に、菫
   青石やベスブ石などの珍しい変成鉱物を産す
   ることで古くから知られている。
   (この地域のホルンフェルスで特筆に価する
    ものは菫青石を含む菫青石岩で)
   ザレの沢の支流コージロ沢に(その典型)
      をみることができる。
   (FeーMg交代作用の結果生じたもので、
    緑黒色又は暗灰色のちみつな基地中に、暗青色の
    菫青石が透入三連晶を示す変状斑晶として
    無数に生じており、風化面ではこれが疣状に
    突出していることから)疣石の名で
    珍しがられている。
   (この種の交代作用で生じた含菫青石岩の産地は、
    日本で数カ所知られているが、)
   丹沢産のものは、菫青石が
   直閃石又は黒雲母と共存することで、
   (日立鉱山産の含菫青石岩とともにその存在は)
   きわめて特異なものといえよう。大理石は
   本県では唯一のもので、4つの層準にわたっ
   て計5枚認められる。主として方解石の集
   合からなる白色のものと、これに角閃石、カ
   ミングトン角閃石、普通輝石などを混じえた
   緑色のものに区別される。ベスブ石は、 こ
   れら大理石のうち、白石の滝付近の白色大理
   石中にスカルン鉱物として産するもので、
   透輝石、モンチチェリ石その他と共産する。
   比較的稀な鉱物である上に、赤褐色半透明の
   結晶として産出することで保存の価値は十分
   あるものと考えられる。
(以上の理由で、)これらの岩石、 鉱物
   を含む白石沢、ザレの沢一帯の地域を文化
   財として指定した。

             昭和51年1月31日
                 神奈川県教育委員会

4. これから解ること

  @ ”Zeolite氏”が神奈川県教育庁教育部に問い合わせて、得られた回答と
   説明板の記述は同一でない。
    私の注意力不足で数文字の判読違いは、あり得ると思うが、数行にわたっての違いは
   あり得ないと考えている。
    例えば、『(日立鉱山産の含菫青石岩とともにその存在は)』などの説明は、写真からは
   到底読み取ることができない。
    考えられるのは、神奈川県教育庁教育部の原稿を、説明板に書く段階になって、何らかの修正が
   加えられた。
    私の永年の仕事の経験から、説明文は、長ったらしいのを簡略化するのが通例で、その顰に
   倣った、と思われる。まして、同じようなものが茨城県日立鉱山にも産する、というような
   記述は、西丹沢のもの(菫青石)が、珍しくないない、と”自己否定”するようなもので
   この説明板の建立意義にも拘わる件であり、到底お役人には、受け入れられず、バッサリと
   削除されたとも考えられます。

  A キンセイ沢はコージロ沢?
    草下先生の「鉱物採集フィールドガイド」には、菫青石を産する沢については、
   『これが通称キンセイ沢だ(といっても鉱物仲間が勝手につけた名だから一般の人は知らない』
    と、ある。
    神奈川県教育庁教育部の資料によれば、”コージロ沢”という正式名があるようです。

  B ”いぼ(疣)石”の成因
     ”いぼ(疣)石”の成因について、「鉱物採集フィールドガイド」にある、菫青石が
    変成を受け、雲母化した、とある説明には疑問を呈しました。
     神奈川県教育庁教育部の原稿にある、次の説明のほうが説得性があるように感じます.

    『FeーMg交代作用の結果生じたもので、緑黒色又は暗灰色のちみつな基地中に
     暗青色の菫青石が透入三連晶を示す変状斑晶として無数に生じており、風化面では
     これが疣状に突出していることから疣石の名で珍しがられている。』

5.おわりに

(1)”Zeolite氏”の御蔭で、どのような意図でこの説明板が立てられたのかを大凡知ることができ
   この場をお借りして、厚く御礼を申し上げます。
(2)このように、私のHP(掲示板)を媒介として、多くの鉱物愛好家が持っている情報を
   交換し合って、鉱物に関する知識が普及し、鉱物を好きになる人たちが1人でも増えることを
   願っています。
   掲示板(チャット)を通じて、痛ましい事故があっただけに一層その感を強くしています。

6.参考文献

1)草下 英明:鉱物採集フィールドガイド,草思社,1988年
2)地団研地学事典編集委員会編:地学事典,平凡社,昭和45年
inserted by FC2 system