千葉県平久里(へぐり)の自然銅

         千葉県平久里(へぐり)の自然銅

1. 初めに

   某電子部品メーカーから招請をいただき、技術コンサルタントとして2008年1月
  千葉県に単身赴任した。
   持って行く荷物はできるだけ少なくしようと、鉱物関係の本は、草下先生の「鉱物
  採集フィールドガイド」ほか数冊だった。それらの中に松原先生が、国立科学博物
  館の池田重夫技官退官記念として平成10年(1998年)に著した「関東地方の鉱物」
  があった。
   千葉県南部・平久里(へぐり)でのミネラル・ウオッチグの前夜、改めてこの1冊を
  読み直し千葉県の産出鉱物と産地を抜き書きすることにした。
   一番先頭に 『 自然銅 coper Cu 等軸 千葉県富山町平久里のはんれい岩
  ペグマタイトの斜長石中に極微粒として産する. 』
、とあるが採れるはずがない
  だろう思っていた。( ”極微粒” 、では確認できないだろう )
   したがって、今回の目的は、炭酸塩鉱物だった。

   以前、産地の様子を石友・Yさんに尋ねたところ、産地地図が載った産地案内を
  メールしていただいた。

   2008年2月下旬、単身赴任の”行状監督”に来た妻と、平久里を訪れた。石友
  Yさんの情報のお蔭で、迷うことなく産地に到着できた。
   @ 旧採石場
   A 稼行中の採石場
   B 平久里川支流の沢
  など、何箇所かでミネラル・ウオッチングを楽しんだ。

   とある場所で、霰石が脈状に走る露頭を叩いたところ、緑黒色の「かんらん岩」と
  思われる塊が現われた。破断面には、かんらん石か玉髄と思われるガラス質の
  斑晶や脈があり、その一部が”赤銅色”の金属光沢を示していた。
   『 やった!! 自然銅だ!!』 その塊を小割していくと、肉眼サイズのものも
  含め、10ケあまりの標本を確保できた。まだまだ採集できたが、次回の石友との
  ミネラル・ウオッチングのために残しておいた。

   千葉県は『石(鉱物)なし県』、と聞いて単身赴任したが、私の地元山梨県ででも
  採集できない自然銅を採集でき、そのイメージを変えつつある。

   産地情報を教えていただいたYさんに厚く御礼申し上げる。
   ( 2008年2月採集 )

2. 産地

    千葉県富山町平久里は、館山自動車道「鋸南富山IC」でおり、10kmほどで
   産地に到着する。
    産地は、次の3箇所だが、1つ1つの範囲が広いので、今回のように、思わぬ
   鉱物に出会える可能性も高い。
    なお、産地Aの稼行中の採石場は、休みで、たまたま居合わせた方に了解を
   得て採集させていただいたが、いつも採集できるとは限らないので、悪しからず
   了解願いたい。

       
          旧採石場            稼行中の採石場

    
            沢
                      産地

3. 産状と採集方法

   冒頭に書いたように、「関東地方の鉱物」には、『 はんれい岩ペグマタイトの
  斜長石中に極微粒として産する. 』 
、とある。
   そのような産状のものもあるのだろうが、今回確認したのは、『 緑黒色の「かん
  らん岩」と思われる塊の破断面のかんらん石か玉髄と思われるガラス質の斑晶
  や脈に伴っている 』 
ものである。

   産地には、露頭がむき出し、転石がゴロゴロしている場所があり、それらの中で
  白い炭酸塩鉱物の脈が入った部分をハンマとタガネで割って破断面を観察する。
   自然銅が見つかった部分を小割すると、肉眼サイズのものが付いた標本を得る
  ことができる。

4. 産出鉱物

 (1) 自然銅【COPPER:Cu】
     ”赤銅色”、薄い箔状で母岩のかんらん石か玉髄と思われるガラス質の斑晶
    や脈に入っている。脈に沿って割れると多数の自然銅が破断面に観察できる。
     ごくまれだが、炭酸塩鉱物の中に箔状で産する自然銅もあり、自然銅の成因
    はかなり複雑なようだ。

       
           全体                  拡大

    
         斑晶に伴う
                    自然銅

     平久里は、「霰石」「ペクトライト」などの炭酸塩鉱物産地として有名なので
    それらについては、別途報告したい。

5. おわりに 

 (1) 平久里の炭酸塩鉱物
      平久里地区は、嶺岡山地の西の端に近く、深成岩(地下深くで生まれた)の
     超苦鉄質岩〜苦鉄質岩(花崗岩などに比べ珪素(Si)が少なくマグネシウム
     (Mg)や鉄(Fe)が多い)である「はんれい岩」や「かんらん岩」が見られる。
      嶺岡山地のほとんどの「かんらん岩」は変成作用を受け、「蛇紋岩」に変化
     していて、それらの中に、「霰石」やマグネシウム(Mg)の含水炭酸塩鉱物が
     見られる。

      今回のミネラル・ウオッチングの目的は「ゾノトラ石」を初めとする炭酸塩
     鉱物だった。Yさんの情報では、『 運が良ければ、ゾノトラ石【XONOTLITE
     :Ca6Si6O17(OH)2】が見つかるかも知れない 』
、とあり密かに闘志を燃や
     していた。

      しかし、今回、「自然銅」という ”瓢箪から駒” が飛び出し、「ゾノトラ石」は
     次回のお楽しみ、となった。

 (2) 平久里の「自然銅」
      平久里で「自然銅」を採ったことを兵庫県の石友・N夫妻にお知らせしたら
     早速インターネットや本で調べてくれたが、「産出情報がなかった」と知らせて
     いただいた。
      私に産地情報を教えてくれたYさんも、未だ「自然銅」は採集したことがない
     らしい。

      ここの「自然銅」は、神奈川県秦野市菖蒲で産出したものと、産状が似てい
     るような気がする。
      ともに、母岩は深成岩で、炭酸塩鉱物を随伴する点である。

      いつか、皆さんとミネラル・ウオッチングで、この新しい産地にご一緒できる
     のを楽しみにしている。

6. 参考文献 

 1) 松原 聰:関東地方の鉱物,鉱物情報100号記念出版物企画委員会
           池田重夫技官退官記念会,平成10年
 2) 松原 聰、宮津 律郎:日本産鉱物型録,東海大学出版会,2006年
inserted by FC2 system