秋田県荒川鉱山産 「 三角黄銅鉱 」

        秋田県荒川鉱山産 「 三角黄銅鉱 」

1. 初めに

   今から4年ほど前、2002年12月、例年より早い本格的な冬の訪れ・降雪でフィールド
  でのミネラルウオッチングがままならず、古い「地学研究」誌を読んでいると、岡本
  要八郎先生と桜井欽一先生が書いた ”「あなたはおもちですか?」鉱物コレクター
  の資格審査”という記事に目が止まり、その内容について、私のHPで紹介させていた
  だいた。

   ・    「あなたはおもちですか?」
   鉱物コレクターの資格審査
   ( How Many Specimens do you have ? , Qualification of Mineral Collector )

   それ以来、フィールドやミネラルショーでは、日本産鉱物50種+【番外】、計54種を
  積極的に追いかけるようにしている。

   2005年に、岐阜県木積沢で「苗木石」、京都府白川で「褐簾石」の2点を自力で採集
  し、48種( 48/54=89% )が揃ったところで足踏み状態が続き、残り6種の入手は絶
  望かと思っていた。

  No 産地 鉱物
 5 秋田県太良 方鉛鉱(八面体と六面体の集形)
 9 秋田県荒川 黄銅鉱(三角式結晶)
 19 徳島県眉山 ルチル
 30 秋田県日三市 荒川石(ベスジェリ石<原文のまま>)
 45 大分県尾平灰鉄輝石(結晶)
【番外】 北海道手稲手稲石

   そんな折、オークションに「荒川鉱山の三角黄銅鉱」が出ており、迷わず購入してし
  まった。これで、49種( 49/54=91% )揃ったことになる。

   石友の情報で、残り5種のうち自力採集の可能性がでてきた標本もあるので、あせら
  ずに、ジックリ探して見たい。
  ( 2007年2月 情報 )

2. 日本産鉱物50種選定の経緯

   1958年(昭和33年)の「地学研究」に、「北投石」発見者の岡本要八郎先生とアマ
  チュア鉱物学者の桜井欽一先生が連名で次のように書いている。

   『 鉱物収集には色々なスタイルがあるが、”コレクターは、珍種、美晶を手に入れ
    て胸をときめかせた覚えがあるであろう。
     誰もが欲しがるであろう、日本産の鉱物を50種選んでみた。
     そんなことをして何になる!! など怒り給うな。これは、お遊びです。   』

   気になるのは、両氏による資格審査基準で、それは、次の通りである。

   『 @全部あれば一流コレクター
     A70%以上なら、立派なコレクター
     B30〜50%では、まだまだ努力が足りない
     C30%以下では、コレクターという資格はない    』

3. 日本産鉱物50種+番外4種

   50種+番外4種が下記のように掲載されている。

  1.福井県赤谷産       自然砒(金米糖状結晶)
  2.北海道手稲産       自然テルル
  3.兵庫県生野産       自然蒼鉛
  4.愛媛県市ノ川産      輝安鉱(美しい結晶)
  5.秋田県太良産       方鉛鉱(八面体と六面体の集形)
  6.秋田県院内産*      輝銀鉱(結晶)
  7.秋田県阿仁産       閃亜鉛鉱(美しい結晶)
  8.兵庫県夏目産       紅砒ニッケル鉱
  9.秋田県荒川産       黄銅鉱(三角式結晶)
  10.新潟県赤谷産       黄鉄鉱(菱体面<原文のまま>に似た結晶)
 11.大分県尾平産       硫砒鉄鉱(長柱状結晶)
  12.山口県長登産       輝コバルト鉱
  13.群馬県中丸(旧八幡産)  四面銅鉱(結晶)
  14.山梨県乙女産       水晶(日本式双晶)
  15.宮城県小原産       紫水晶
  16.新潟県赤谷産*      玉髄(そろばん珠状)
  17.富山県立山産       魚卵状珪石
 18.岡山県下徳山産      赤鉄鉱(結晶)
 19.徳島県眉山産       ルチル
 20.長野県湯股産       方解石(球状)
 21.長野県浦里産*      玄能石
 22.島根県松代産       霞石(結晶の集合体)
 23.福島県飯坂産       フェルグソン石(結晶)
 24.福島県石川産       サマルスキー石(結晶)
 25.福島県石川産       モナズ石(結晶)
 26.神奈川県玄倉産      燐灰石(結晶)
 27.岐阜県神岡産       緑鉛鉱(結晶)
 28.栃木県足尾産       藍鉄鉱(結晶)
  29.大分県木浦産       スコロド石(結晶)
  30.秋田県日三市産      荒川石(ベスジェリ石<原文のまま>)
 31.秋田県玉川産       北投石(渋黒石)
  32.山梨県乙女産       ライン鉱(灰重石後の鉄重石結晶)
 33.岐阜県苗木産       苗木石(変種ジルコン)
 34.滋賀県田ノ上山産     トパズ
 35.富山県黒部産       十字右
 36.大分県尾平産       斧石(美しい結晶)
 37.長野県武石産       緑簾石(いわゆる焼餅石)
 38.京都府白川産       褐簾石(花崗岩中の結晶)
 39.大分県木浦産       ベスブ石(結晶)
 40.静岡県河津産       イネス石
 41.長野県御所平産      電気石(扁平な結晶)
 42.大分県尾平産*      ダンプリ石
 43.長野県川端下産      柱石(もと透角閃石と誤認されていた)
 44.茨城県日立産       菫青石(結晶)
 45.大分県尾平産       灰鉄輝石(結晶)
 46.福岡県長垂産       紅雲母
 47.山口県六連島産      金雲母
 48.岐阜県神岡産       魚眼石(結晶)
 49.東京都三宅島産      灰長石(結晶)
 50.新潟県間瀬産       方沸石(結晶)
【番外1】北海道手稲鉱山産    手稲石
【番外2】鹿児島県咲花平産    大隅石
【番外3】京都府河辺産      河辺石
【番外4】神奈川県湯河原産    湯河原沸石

    * 印は他の産地のものを代用してもよい.
  【番外】は、ぜひあつめておきたい、日本特産鉱物である.

4. 荒川鉱山産「三角黄銅鉱」

 4.1 「三角黄銅鉱」とは?
     三角黄銅鉱とは、黄銅鉱の結晶で {111} 面が偏倚発達し、三角板状や針状の
    外形をしめす結晶である。世界中で日本の日本海側の第三紀鉱脈型鉱床にしか発
    見されていない。
     明治のはじめ、秋田県荒川鉱山で産出したものが特に有名で、和田維四郎の
    標本にも残されている。

     砂川一郎先生の論文には、昭和25年(1950年)ころ、青森県の船打(ふなうち)
    鉱山で三角黄銅鉱が産出したとあるが、それ以降産出したという情報を見聞きした
    ことがない。
     そのくらい産出が希なのである。もともと、私たちが眼にする黄銅鉱は塊状で
    産出することがほとんどで、結晶を発見することすら稀である。

    
   船打鉱山産三角黄銅鉱【「OBからみた地質標本館」から引用】

 4.2 三角黄銅鉱のできる訳
    三角黄銅鉱がどうして生まれるのか、産状に関する研究はほとんどなされていない
   らしい。砂川先生の論文には、三角黄銅鉱の形の進化の様子を、4つの三角形の面で
   構成される四面体の結晶からスタートし、三角錐、三角板そして三角柱へと変化する
   と説明している。
    下の図に示すように、p{111} 面の [110] 方向の1組だけが e{101}そして
   m{110} と変わるために結晶の外形が変化するらしい。

    
   三角黄銅鉱の形の進化【「OBからみた地質標本館」から引用】

 4.3 私の入手品
     私が入手した三角黄銅鉱は、出品者からの情報では、もともと東京帝国大学の
    W教授が持っていたものらしい。丸いケースに5個の「三角柱状」結晶が収められた
    もので、1つひとつが、先の尖った、三角柱状をしている。
     上の進化図でいえば、三角黄銅鉱の末端にあたる。

       
            全体               結晶
                 荒川鉱山産三角黄銅鉱

5. おわりに

 (1) 日本産鉱物50種を集め始めて、5年目を迎えた。70、80%を揃えるまではさほど
    難しいとは思わなかったが、90%の壁は厚かった。
     ようやく、それを乗り越えはしたが、まだまだ前途多難である。最近知り合った
    石友の情報では、残り5種の中で、自力採集できそうなものもありそうなので、ボチ
    ボチ探してみたい。

 (2) 三角式黄銅鉱は、日本海側の銅鉱山に産出が限られそうである。2005年10月に
    訪れた新潟県間瀬(まぜ)銅山跡で、p{111}面が発達した黄銅鉱を採集したこと
    があった。( HPに既報 )

     もう一度訪れ、三角式黄銅鉱を探してみたいと思っている。

6. 参考文献

 1)岡本要八郎・桜井欽一:「あなたはおもちですか?」鉱物コレクターの資格審査
                地学研究Vol.10 No.5,1958年
 2)砂川 一郎:OBからみた地質標本館 地質ニュース 431号,地質調査所,1990年
inserted by FC2 system